医療法人武川会 武川病院

中巨摩郡昭和町の 外科,消化器科,肛門科,整形外科,内科,婦人科 武川病院

〒409-3852 山梨県中巨摩郡昭和町飯喰1277
             TEL 055-275-7311/FAX 055-275-4562
 
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

併設施設

併設施設 介護老人保健施設ひばり苑      TEL:055-275-9511  FAX:055-275-9512
 
《介護老人保健施設ひばり苑》
 

介護老人保健施設は、医療・看護・介護・リハビリテーション・栄養管理など包括的なケアサービスを提供することで、ご本人が出来る限り住み慣れたご自宅での生活が続けられるよう支援する在宅支援施設です。介護老人保健施設の入所サービスについては、要介護認定を受けた方で、病状が安定していて入院治療の必要性がない方が対象となり、在宅復帰に向けてリハビリテーションの必要性が高い方が優先となります。利用方法としては、リハビリテーション目的での利用はもちろんのこと、
   「家業の仕事の繁忙期の間、親を預かってほしい」
   「寒い時期や暑い時期は体調管理が大変なので入所をしたい」
   「特養を申し込んでいるが空きがないので、待機の間入所したい」
といったような老健の利用方法もございます。
 また、当苑では、入所サービス以外に短期入所療養介護(ショートステイ)、通所リハビリテーション(デイケア)、訪問リハビリテーションのサービスも提供しているほか、併設事業としては居宅介護支援事業所も運営しています。併設病院としては武川病院が隣接している施設であり、日頃より医療と介護の連携にも努めています。当苑の各種介護サービスのご利用をご希望される場合には、まずはお気軽に支援相談員までご相談ください。

  

《ひばり苑の5つのサービス》
 
長期入所(ロングステイ)  
 ○入所定員:53名
 ○居  室:個室9室  2人部屋6室  4人部屋8室
 ○その人が望むご自宅又は次の生活の場所を目標に、安心・安全・快適な施設生活が
  過ごせるよう、医療・看護・介護・リハビリテーション・栄養などの包括的なサービスを提供
  しています。
 
短期入所療養介護・介護予防短期入所療養介護(ショートステイ) 
 ○入所定員:空床利用
 ○介護者の方の休息や急な用事のため、またご本人のリハビリテーション目的など多様な利用
  が可能です。

通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション(デイケア)

 ○通所定員:20名 
 ○住み慣れたご自宅での生活が、ご本人やご家族にとって無理なく続けられるように、通いで
   リハビリや入浴、食事・余暇活動等を提供しています。
 
訪問リハビリテーション・介護予防訪問リハビリテーション
 ○理学療法士等がご自宅に伺い、心身の機能維持や回復のためのリハビリを実施します。
   また、身体に適した福祉用具や住宅環境等の助言、ご家族への技術指導もおこなっています。
  
ひばり苑指定居宅介護支援事業所
 ○ひばり苑の居宅ケアマネジャーが、介護保険制度のあらゆる相談に応じ、ケアプランを作成
   します。ケアマネジャーは、ご自宅での生活における介護サービス全般のコーディネーターと
   して総合的にご本人・ご家族を支援しています。



        



《ひばり苑の地域貢献》
 
◆認知症サポート登録事業所として
当苑は認知症サポーターの認定を受けた職員が多数在籍しています。認知症の方やそのご家族への支援はもちろんのこと、認知症の方へ寄り添い支え合う町づくりに貢献していきます。
 
◆昭和町と災害時防災協定を締結
大規模な風水害等の災害発生時において、高齢者および障がい者等の要援護者が避難を余儀なくされた場合に可能な限り受け入れることで、災害時の地域支援に貢献します。
 
◆1階会議室を地域交流スペースとして開放
地域の皆様の各種会議等の場所として、当苑1階会議室を無料で貸し出ししています。
  ✿貸出時間:平日 9時~16時の間で応相談(※原則、水曜日及び土日祝日は除く)
        予約先着順
  ✿室内広さ:約20畳、少人数~最大20名程の入室が可能
  ✿備  品:長机、椅子、ホワイトボード、マイク等は無料でお貸し出しできます。
        その他の備品については、ひばり苑までお問合せください。
  ✿約束事項:①使用後の清掃・現状回復にご協力ください。
        ②大きな騒音や異臭がでるイベント、火気の使用はできません。
        ③施設内は完全禁煙です。屋外の指定の場所での喫煙にご協力ください。
        ④使用後のゴミは出来る限りお持ち帰りいただけるようご協力ください。
 
◆専門職による無料出前講座を実施
地域の皆様からのご希望があれば、専門職の資格を有した当苑の職員がご要望の地域や会場に出向きます。開講場所の確保が必要な場合には、ひばり苑の会議室をお貸し出しすることも可能です。
  ✿講師料 :無料
  ✿派遣時間:平日9時~16時の中で応相談(※原則、土日は除く)
  ✿利用例 :地域のサロンや勉強会、老人会等の会合、幼稚園や学校での福祉教育等でぜひ
        ご活用ください。
  ✿講座一例: 「介護老人保健施設とは」     
         「介護保険制度について」     
         「認知症とは」       
         「大人の正しいオムツ交換の仕方」
         「福祉用具や福祉車両に触れてみよう」(幼児~低学年向け)
         「聞いてみたい高齢者施設の専門職のお仕事の実際」(高学年以上の学生向け)
 
          ※講座内容は相談に応じます。まずは、お気軽にひばり苑までご相談ください。
 

《所定疾患施設療養費》

所定疾患施設療養費は、介護老人保健施設において入所者の医療ニーズに適切に対応するという観点から、肺炎・尿路感染・帯状疱疹を入所中に発症し、施設内で治療を行った場合について一定の条件下で算定されるものです。本加算については、平成30年4月より一部加算要件について改正があり、下記の通り変更となりました。
 
-従来-
  所定疾患施設療養費
 
305単位/日
①診断、診断を行った日、実施した投薬、検査、注射、処置の内容等を診療録に記載していること。
②所定施設療養費の算定開始年度の翌年度以降において、当該施設の前年度における当該入所者に対する投薬、検査、注射、処置等の実施状況を公表していること。

 
-平成30年度以降-
  所定疾患施設療養費(Ⅰ)
 
235単位/日
①診断、診断を行った日、実施した投薬、検査、注射、処置の内容等を診療録に記載していること。
②所定施設療養費の算定開始年度の翌年度以降において、当該施設の前年度における当該入所者に対する投薬、検査、注射、処置等の実施状況を公表していること。

 
  所定疾患施設療養費(Ⅱ)
 
475単位/日
①診断及び診断に至った根拠、診断を行った日、実施した投薬、検査、注射、処置の内容等を診療録に記載していること(協力医療機関等と連携して行った検査等を含む)。
②所定施設療養費の算定開始年度の翌年度以降において、当該施設の前年度における当該入所者に対する投薬、検査、注射、処置等の実施状況を公表していること。
③医師が感染症対策に関する研修を受講していること。

 
当該加算に関する実施状況の公表―
 
 
肺炎
 
尿路感染症
 
帯状疱疹
 
合計
 
平成24年度
 
4件
 
8件
 
1件
 
13件
 
平成25年度
 
27件
 
2件
 
0件
 
29件
 
平成26年度
 
14件
 
4件
 
1件
 
19件
 
平成27年度
 
26件
 
11件
 
0件
 
37件
 
平成28年度
 
21件
 
14件
 
0件
 
35件
 
平成29年度
 
4件
 
8件
 
0件
 
12件